キャッシングどや?

普通の会話などにもたまに使うことのあるブラックリストという言葉でありますが、実際にブラックリストが何なのかを知っている人はあまり多くありません。

キャッシングやカードローンの審査の時に使うブラックリストは信用情報機関の個人信用情報の事故情報のことです。

融資を受けたい人がキャッシングやカードローンを申し込んだときには金融業者の審査を受けることは避けることはできません。審査に通過することなしに融資を受けることはできません。その審査を金融業者がするときに大きな影響を与えるのが信用情報機関の個人信用情報です。その中の金融事故が記載されているのが事故情報です。

個人信用情報には個人の借り入れの履歴などが記載されていますが、キャッシング金利安いその中の事故情報には返済の遅延や債務整理の履歴などの金融事故の情報が記載されています。いい方を変えれば、個人信用情報の事故情報に記載されているような人の新しい融資の申し込みについてはまず審査を通過することはないといえます。それはどの金融業者でも同じで現在では信用情報機関の情報は金融機関全体に共有されているので、ブラックリストに記載されているということは金融業者からの借り入れはできないと考えなければなりません。

Comments are closed.